飽きがこない風俗、そして体験談こそ至高なのです!

出国前の壮行会にて

投稿日:2016年6月8日

海外赴任になり、割と夜の産業に厳しい国に行くことになったので、遊び納めとばかりに壮行会後にいつも風俗に誘ってくれている同僚たちとデリヘルを利用することにしました。これをもってあと数年は風俗にいけないと思うと寂しい気持ちがして、ここで当たりを引くまでは帰れないという無駄に強い覚悟でホームページを見て回りました。人気の高い女の子が空いているところを狙って、運良く狙い通り待ち時間ほぼなしで案内となりました。待ち時間で気持ちを高めることができなかったのでバタつきながら部屋をノックされるのを待ったのですが、予想以上に綺麗な子がやってきてそれはそれで心臓がばくばくしました。入室してすぐにフェラを始めてくれて、こんないい思いをさせてもらったのはこれまでの風俗ライフの中では初めて経験です。すぐに出しそうになるのを必死でこらえて、シャワーに移行。シャワーでも常に息子を握られ、ベッドに入ってすぐに出してしまいました。

上司に似たデリヘル嬢が来ました

デリヘルを頼んだら高校時代の同級生が来た、というような話をよく聞きますよね。なんだか出来すぎているような気がしますが、似たような経験をしたことがあります。2年前、出張先近くのホテルに泊まった時のことです。お得意様を回っての情報収集で、5日間の出張でした。ホテルは、ビジネスホテルよりワンランク上の、全国展開をしているチェーンホテルです。デリヘルの出入りは、大丈夫のようでした。こういうことについては、カンが働くのです。それで、2日目の夜、仕事のメドもついたので、デリヘルを利用することにしました。これはと思う店を選び、この娘ならいいだろう、と女の子を選びました。もちろん顔は手で隠しているので、水着の体形から選ぶしかありません。これも、カンです。それでやってきた嬢を見て、ドキリとしたのです。今やっているプロジェクトの主任そっくりだったのです。大きめの眼で、どちらかというと平べったい顔が、そっくりなのです。本当に主任だったならば、すごい事(というか面白い事?)になるのですが、もちろん、他人の空似でした。主任は、少し唇が厚いのですが、嬢は、それほど厚くありません。声も、主任よりも高い声でした。予定では60分のつもりでしたが、90分にしました。そして、主任とやっているつもりになりました。会社が終った後、ホテルで落ち合ってセックスをする、というつもりになったのです。目一杯楽しみましたよ。