飽きがこない風俗、そして体験談こそ至高なのです!

夏休みは狙い目

投稿日:2016年8月23日

夏休みが近づいてきましたが、この季節は女子大生を中心に夏場に使う遊ぶ金欲しさに若い女の子がバイト感覚でデリヘルで働いているので素人好みの人にとっては待ち遠しかった季節だと思います。素人っぽい子は確かにテクニックや愛嬌という意味では一段劣るところはありますが、何事にも新鮮なリアクションを返してくれるので、どちらかというとSの気のある人にとってはお勧めできます。私のよく利用する店は夏場にどこからか伝を使って若い新人の女の子を多数発掘してきて、大量に採用しています。秋口にはまるっとそういう子たちはいなくなってしまうので、夏先の季節が一番在籍嬢も多く、よりどりみどりで楽しませてもらえます。素人な子はフェラにすら抵抗感のある、嫌々顔に表情を出しながらやる子もいるのですが、それがまた興奮を誘います。こんな嫌なのに無理にくわえてくれるなんてという嗜虐心を楽しめるのはこういう風俗慣れしていない子なのでいつも楽しみですね。

デリヘル嬢よ玄関あけたら既に全裸

デリヘルを自宅に呼んだ際は、デリヘル嬢を全裸で待ち構えているのが自分のパターンなのですが、一度失敗したことがありましたね。その日もその調子でデリ嬢を全裸でお出迎えしようと、チャイムが鳴ったらエントランスのロックを解除してあげて、そして自分の部屋の玄関ドアの鍵を解除して、そして素っ裸で待っていました。当然「ピンポーン!」とチャイムが鳴ったら、「開いてるよー」と声をかけるじゃないですか。そしてこちらは180cm越えの男が全裸で仁王立ちですよ。それでいつものパターンならば、ドアを開けたら全裸の巨人(オレ)がいて、「も~、なにやってるんですか~」などとなるんですよ。しかしね、その日はどういうわけなのか、エントランス超えてまで男性スタッフが付き添っていたんですよね…。ですからこっちとしては、「は、すみません」と思わずあやまってしまいましたね。よくよく考えるまでもなく、あやまるべきはあちらだとは思うのですが。それで男性従業員が付き添っていた理由ですが、オレが指名したデリヘル嬢が体験入店の子なのでよろしくと、そういうことでした。だったらじゃあ電話でお願いしたかったのですが。